0.6 RICE BRAN OIL

TOPICS

コラボレーション企画

神明きっちん × 神戸女子大学 オリジナル商品を発表・販売

Posted on 2019年4月20日

鮮度の高い特別な米糠を水に溶けやすく加工した「飲める米糠」を使った新たなレシピを神戸女子大学大学院健康栄養学研究科の大学院生が発表しました。

 

 

 

 

オリジナル商品を発表・販売

株式会社神明別館1Fにある、おにぎり販売店『五穀豊穣 米処 穂(みのり)』にて「飲める米糠」を使用したオリジナル料理を数量限定で販売しました。

 

 

 

 

 

五穀豊穣 米処 穂(みのり)
〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通 5-2-8 神明別館 1 階
営業時間 10:00~19:00 (土・日・祝日は休業)

 

 


 

試食とディスカッションの様子

 

 

 

 

ー こだわったところは?

 

飲める米糠は普通の米糠と違って臭みは少ないですが、苦手な人もいると思いましたため、どなたでも食べられるように加える割合や調理方法を工夫し、食感を気にせずに美味しく食べられるよう工夫しました。

 

 

 

 

 

ー 参加してどうだった?

 

食材によって、米糠と相性の良し悪しがあることに驚きました。料理を考案するだけでなく、店舗のスタッフと協力して定食を作り上げる作業にも関わることができ、楽しかったです。定食をつくるときは料理の個性を強くせず、全体がまとまるように味をととのえることが大切だと気付きました。

 

 

 

 

 

ー これからは?

 

メニューを考案している時は、自分が美味しいと感じる味を作っていました。しかし、店舗で販売するためには、自分ではなく皆が美味しいと感じる味にしなければいけないのだと気付きました。今回の経験を、将来の仕事に活かしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

飲める米ぬか料理試食会メニューはこちら

< TOPICSトップに戻る